ポスター印刷やパネル・バナースタンド製作なら大判プリントの達人。

税込22,000円以上のお買い上げで送料弊社負担!! ※一部対象外

MENU

白押さえの作り方・注意点

白押さえとは

白押さえとは、白いインクのことを指します。
デザインに白がある場合やカラーをきれいに発色させるためには、白押さえが必ず必要です。

白押さえがないと視認性が低くなり、意図しない仕上がりになる場合があります。
白印刷をしたい・カラーをはっきり発色させたい場合は白押さえを作成してください。
仕上がりについてご不安な場合は、本製作前に色味をご確認いただける「お試し印刷サービス」をご利用ください。

貼ってはがせる半透明シールの場合

  • 白押さえ無し

  • 白押さえあり

白押さえがないデータ上の白は印刷されず、カラーは薄く透ける仕上がりになります。

ホログラムポスターの場合

  • 白押さえ無し

  • 白押さえあり

白押さえがないとデータ上の白は印刷されず、ホログラムのキラキラとした表現になります。
また、白押さえを印刷せずCMYK印刷のみ印刷した場合はホログラムの虹色の輝きが押さえられ、落ち着いた仕上がりに。

白押さえの作り方

  • 白押さえを作る部分(透明にしたくない部分)の輪郭をペンツールでなぞります。文字の隙間など隙間がある部分に注意!
    ※必ず「白押さえレイヤー」で作業してください。

  • 作成したパスデータをK100%の塗りのみにします。

  • 画像のように黒く塗りつぶされた状態になります。

  • 完成です!
    ※白押さえレイヤーに作成されていることを再度確認してください。

達人テクニック

しっかりと背景透過されているデータであれば、そのまま白押さえレイヤーに複製し、塗りをK100にすることで白押さえを作成できます。

きれいに作るコツ

白押さえがある場合、同じ場所に白押さえ→カラーの順に印刷するため、若干のずれが出る場合があります。
線が細いデザインなど、繊細なデザインは避けることをお勧めします。
また、白のはみ出しを防ぐには-0.1mmのサイズ調整を行うのがおすすめです。

  • 白押さえをデザインと同じサイズにした場合

  • 白押さえを-0.1mm小さくした場合

白押さえを-0.1mm小さくする方法

  • 作成した白押さえを選択したまま効果→パスのオフセットを選択します。

  • オフセット-0.1mmと入力→OKを選択。白押さえが-0.1mm小さくなります!

白押さえ制作時のチェックリスト

白押さえのデータはパスで作成され、「白押さえレイヤー」に配置されていますか?

白押さえは画像ではなくパスで作成してください。
また、白押さえをデザインレイヤーに配置してしまうと意図せぬ仕上がりになってしまうため、必ずレイヤーの確認をお願いいたします。

※デザイン上で白色を表現する場合は、「デザインレイヤー」と「白押さえレイヤー」の両方に白色で表現したいデザインを配置してください。

白押さえのデータは「K100%の塗り」になっていますか?

白で作成いただいた場合は印刷されず透明になります。
K(ブラック)の濃度が低い場合やグラデーション等の濃淡も表現できません。
カラーでの表現も印刷ができません。

オブジェクトの隙間や文字の中など、白くしたくない部分は抜けていますか?

弊社ではデザイン自体に問題があるかどうかのデータチェックは行っておりません。
そのため、印刷の仕上がりが意図していない場合であっても、再制作等のご対応が難しくなっております。
必ずご入稿前の確認をお願いいたします。

2024年5月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2024年6月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • X(旧Twitter)
  • facebook
  • instagram
  • youtube

SNS公式アカウント

  • X(旧Twitter)

大判ネコ公式アカウント