簡単カットラインパスの作り方(イラストレーター編)

カットパス 入稿データガイド

こんにちは、「大判プリントの達人」副店長の吉武です。
ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

最近は企業様からの「ロゴパネル」や「変形パネル」のご注文が増えてきております(*^ ^*)

ロゴパネル  変形パネル

これらパネルはイベントや展示会などで大活躍しているようです。

オリジナルデザインでカットしたパネルはインパクト大で、インスタなどSNS映えしますよね~

そこで今回は、変形のパネル作成に必要なAdobe illustrator(イラストレーター)での「カットパス」の作り方と注意点をご紹介したいと思います。

簡単な方法なので、イラレ初心者でも大丈夫!これであなたもSNS映え間違いなし。

 

カットパスとは?

カットパスとは、切り抜きやくり抜きする際にカットする場所をラインで示す仕上がり線のことです。
ロゴパネルや顔出しパネルのように、変形の印刷物を作る時に必要となります。

カットパスとは?

四角いだけのカットに比べオリジナルのカットで注目度がアップ!変形パネルやポスター、カッテインングシートはおススメです。

 

カットパスはどうやって作るの?

Illustratorでのパスを作成する方法はいくつかございますが、(通常はペンツールを使って作成)

その中でも今回はペンツールを使わない、とっても簡単な方法で作成していこうと思います。

それではさっそく下記のイラストのカットパスを作成してみましょう\(^○^)/

プロッコリー

 

イラレで簡単!カットパスの作り方(画像トレース)

1.カットパスを作りたいイラストを選択した状態で「ウインドウ > 画像トレース」を選択し、



画像トレースパネルを表示

 

「画像トレース」パネルを表示させます。

 

画像トレースパネルを表示

 

2.次にプリセットメニューで「シルエット」を選択します。

 


プリセットメニューでシルエットを選択

 

すると、イラストの色のついている部分が黒くなりました!(マスク処理)

 

色のついている部分が黒くなりました

3.コントロールパネルにある「拡張」を押して作業を確定させます。

 

「拡張」を押して作業を確定

 

 

4.白抜き部分があるときには、シルエットを右クリックしてグループ化と複合パスを解除し、

 

グループ化と複合パスを解除

 

グループ解除と複合パスを解除

 

複合パスを解除

 

「ウインドウ>パスファインダー」から「合体」を選択して分割されているパスを1つのパスに結合させます。

 

パスを1つのパスに結合

2つの白抜き(白い穴になっていた部分)が消えました。

白く抜きが消えた

 

5.そしてパスの「塗り」と「線」の色を変換してみると・・・イラストの輪郭に沿ったパスを作ることができました!

 

イラストの輪郭に沿ったパスを作る

 

6.入稿する前にもう1歩!最後にカットラインとデザインまで10mm空ける作業に入ります。

10mmあける

プロパティのアビアランスの線を「20mm」に設定します。

 

10mm空ける作業

 

とても太い輪郭ができました。

 

カットラインとデザインまで10mm空ける

 

7.太くなった線を「オブジェクト > パス > パスのアウトライン」で、パスのアウトライン化をします。

 

パスのアウトライン化極太アウトライン

 

8.中の抜かれた部分を消してから
塗りから線へ反転

「塗り」ではなく「線」へ変換。これでカットパスが完成です!

 

塗りから線へ

 

どうですか?意外とカットパスを作るのは簡単ではありませんか?

 


 

さて、ここからは【印刷データとして適切か】という視点で掘り下げていきます。

下記にチェック項目をご用意しました。

あなたのデータは本当に大丈夫ですか?是非ご確認ください

 

入稿前の印刷データ チェック項目

ポイント1カットラインのみのレイヤー

デザイン用のレイヤーとは分け、カットラインのみのレイヤーを作成してください。
その際レイヤー名を「カットライン」など他レイヤーと区別できるようにしてください。

カットラインのみのレイヤーを作成

 

ポイント2:滑らかなカットライン

先が鋭いと怪我をする可能性があります。必ず丸みを帯びた滑らかなカットラインで作成してください。

滑らかなカットラインで作成

カットラインがガタガタだと仕上がりも恰好悪く、アンカーポイントが多いと、印刷機のエラーを引き起こすことも・・・

アンカーポイントは少なく

アンカーポイントは少なく

 

じゃあアンカーポイントは何個にすればいいの!?というお声も多々ございますが、数ではなくアンカーポイント同士の間を最低でも5mm空けていただければOKです。

 

ポイント3:等身大パネルの足元のカットは水平に

等身大パネルや顔出しパネルのデータを作成する方は、パネルの足元のカットラインは地面に水平になるように作成してください。

等身大パネルの足元

パネルと地面が水平でないと、安定せず、グラつきや転倒の原因となります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

カットラインの作成を使いこなせれば、自由なカットのパネルやオリジナルのステッカーなんかも作れちゃいます。

 

オリジナルのステッカー 顔出しパネル 手持ち顔出しパネル

 

今回は簡単な方法でのカットラインパスの作り方をお伝えしましたが、

おいおい「ベジェ曲線」を使用する方法もお教えできればと思います。

それではまた次回をお楽しみに!